食べる

居食屋 「庄屋」

心配りと心入れ

 

朝まだ暗いうちから台所でカタカタと包丁がまな板を打つ音やゴロゴロというすり鉢の音。

 

やがて薫ってくる、ご飯や味噌汁の匂いで

目覚めの近いのを知った記憶を

お持ちの方も多いことと思います。

 

この匂いや音は母から子へと智慧や人格を形成し、生命を託する素朴で根源的な教育の役割を果すものだったのかもしれません。

 

この手間こそ食事に欠けてはならない心配りのような気がしています。

心入れ、心づかい、心づくしのこもった竹田の食文化を護っていきたいと考えています。


あさごはん

素朴な和ごはんです。

宿泊以外の方もどうぞ!!

 

650円(税込)

ごはん&お味噌汁のおかわり自由!

 

AM7:00~9:00

一汁一菜

江戸時代より伝わる製法で作った五斗味噌。ご飯は赤米

生きていくために必要なものはこれだけなんです。.

山女料理

背ごし、塩焼き、唐揚げ今日はどれにしますか?

etc.

日替わりでご用意しております。